システム金融の弱点はどこにあるのか

システム金融は違法な金利で貸付を行っているため、当然ながら法律違反です。しかも、システム金融は従来のヤミ金の弱点を次々と克服しており、一見すると付け入るスキがないように思えてしまいます。

 

しかし、システム金融にも弱みはありますので、万が一システム金融からお金を借りてしまった際には、その弱みをついて見るのも効果的かもしれません。

 

 

違法行為をしている

システム金融も通常のヤミ金も、違法金利で貸付を行っている時点で法律を犯しています。そういった意味ではシステム金融の業者も「犯罪者」であり、犯罪者ならではの後ろめたさもあります。

 

まず、犯罪者であるためできれば自らの正体は見せたくありません。あまり表だって活動したくないため、店舗を構えずに電話やファックス、ダイレクトメールを中心に営業活動を行なっており、融資も銀行振り込みがメインです。そこが逆に言えば、システム金融を利用してしまった人にとってはチャンスともいえます。

 

うまくシステム金融の関係者を表に引っ張り出すことができれば、そこから芋づる式に全貌を明らかにできるかもしれません。いろいろと理由をつけて、「ちょっと直接お話がしたいんですけど」と持ち掛けてみるのもいいでしょう。

 

ただし、これはリスクが結構高い方法ですので、弁護士など専門家に依頼をした上で行うのがいいでしょうね。

 

また、システム金融の業者は足がつくのを恐れるため、同じ場所を拠点として活動するのはせいぜい1年がいいところです。システム金融は短期間で多くの利益を荒稼ぎするヤミ金ですので、つけ込むチャンスがあればそこを徹底的につきましょう。

 

スポンサーに対する配慮

システム金融を独立して行っている業者もいますが、大半はそのバックにスポンサーがついています。違法行為に協力するスポンサーは、同じく反社会的勢力の暴力団などが考えられますが、もちろんその可能性もあります。

 

暴力団と関係を持っていることがばれてしまうと、暴対法によりさらに罪が重くなってしまうため、スポンサーである暴力団の名前は出したくても出せません。暴力団をちらつかせるような言動があれば、そこをついてみましょう。

 

しかし、ほとんどのシステム金融では、スポンサーは小金持ちの一般人です。名前を出したところで暴対法には抵触しませんが、スポンサーン迷惑がかかるのもまた事実ですので、こちらの場合にはスポンサー側をつついてみるのもいいかもしれませんね。

 

どの方法にしては相手は闇金融であることを考えると、個人が一人の力で解決に向けて進めるのは難しいと言えます。闇金融問題は何かと面倒でトラブルも付きものとなってしまうので、安全に解決をしたい場合には闇金解決に向けた無料相談で弁護士や司法書士を頼ってください。

 

闇金トラブルを警察は助けてくれるか

消費者金融などでお金を借りすぎてしまって首が回らなくなり、闇金融でもいいからお金が借りたいと思っている人もいるかもしれません。でも、手を出すのはとても危険です。トラブルになったら警察に行けばいいやと安易に思っていると痛い目をみることになります。

 

まず、警察に助けを求めに行ったとします。たしかにその時は警察が警告してくれて、違法な取り立てが収まる可能性は高いです。でも、闇金融は名前を変えたり違う住所に移ったりして、嫌がらせ行動を起こす場合があります。

 

中傷のビラをまかれたり、会社に嫌がらせの電話をかけてきたり、親族に大量の出前の注文をしたりと、ありとあらゆる行動で借主を追い詰めてくる場合があります。また、嫌がらせだけならいいですが、あまりに怒らせると命の保証があるとも言えません。警察は事件が起こってからでないと動かない場合がほとんどなので最悪のケースも考えられるのです。

 

ですから安易に闇金融に手を出すのは危険です。もしもすでに手を出してしまったのであれば、警察に相談するのは今言ったように危険が伴いますから弁護士や司法書士の方に相談するのがベターです。表ざたにせずに解決する方法を知っているからです。

 

家族や会社にも知られずに闇金問題が解決できるようにもなるため、闇金の借金でお困りの方はばれない闇金借金対策を進めましょう。